<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年02月02日

まじめな内容『自分を変えたトライアスロン』後編

今日もナイスな天気でしたね!

連日納車の写真を取り忘れているのが悔やまれます…

ではでは昨日のつづき…


トライアスロンの参加を決意し、エントリーも済ます。そそのかして友人も1名参加。

大会は2008年、8月24日!

済ましたものの自分は泳げません!

今のところ勝算0%です。

ならどうしたらいいか?


自分の今の状態をまず整理

SWIM:水泳を練習できるのは夏、夏で練習できる休みの日は3回、クロールは無理

BIKE:50kmぐらい大した事ない

RUN:練習はする!もしものときは這ってでもゴールしたらいいだろう


ということで完走するための計画を練ります!

SWIM:3回で1500mを泳ぎきれるようになるには…
   1日目で700m 2日目で1500m 3日目で2000mを目標に泳ぐ。
   クロールは無理なので平泳ぎに限定。

昼ごはん持参で朝からラストまで橋本の市民プールの50mプールを永遠に泳ぎ続ける
(橋本プールには売店やレストランがない)

BIKE:乗れるときに乗る

RUN:夜の時間に家を拠点として10km走り回る


数日前にトライアスロンを誘い続けてきた男(親戚のおじさん)にテストをしてもらいました。

プールで1500mのSWIMを合格! BIKEもモチロン合格! RUNも合格!

テストをクリアして、若者がトライアスロンに参加しない理由がわかる気がしました…

辛いし逃げたくなりますね、最近の若者は逃げるのが得意ですからね(笑)

取り合えず及第点までは完成!完走の可能性がみえてきました!


時は経ち8月23日! 

父親、弟、妻(当時は彼女)を招待し(自分を追い込むため)石川県珠洲市に向かいます。

ヘルメットチェックと車検を無事にパス!


8月24日 大会当日

IMG_2641.JPG

民宿に置かれた寄せ書きに思いをつづる!

自然と上がってくるテンション! 未知なる挑戦に心が躍ります!


会場に着くとこんな感じ

IMG_2640.JPG

すごい盛り上がり!自分もバイクをセットしてウェットスーツに着替えます。

海岸に行くと海は大荒れ!スタート待ちの選手がスタンバイ! みんなものすごく強そう!

それを見て不安が襲ってきます…

練習は足りてるのか?海は深いぞ、流れも速い、波も高い、泳力の無い自分にこの状態でクリアは可能なのか?

ピストルを構えるスターター。

やめろ、ピストルを撃つのはやめろ、と心の中で叫ぶ

なぜエントリーをしてしまったのかと後悔に似た感情がこみ上げてきます。


パン!

スターターはそんな自分のことをかまうことなくピストルを撃ちます。

自分は泳力がないので第5ウェーブでのスタート。(2分ごとに人数を分けてスタート)

親戚のおじさんは4つ目のスタート、先に行きます。

自分のスタートが迫る!

心臓がバクバク言う、吐き気すら感じるぐらい不安と緊張が襲ってくる!

そしてついにスタート!


SWIM開始!!

砂浜をすごい人数が海に向かって走る! まるで亀の赤ちゃんが海に向かっていくアレの様だ!

前の人のバタ足が顔面を直撃!ゴーグルがブリって裏返ります。

隣の人のクロールの腕が自分の頭を叩いてきます。

だめだ、とても泳げない…

後方へ下がります… 泳力がないのを見かねたライフセーバーが声をかけてきます

『大丈夫ですか?』『大丈夫です、ありがとうございます』意外と会話する余裕がある(笑)

おばちゃんが『あんた平泳ぎなんかで間にあうんかいな』『わからないです、これしかないんですよ』

意外と海の上でも会話があるのです、意外でしょ?自分は意外でした。

折り返しを済ませた時点で自分以外の選手が見当たりません、一人ぼっちです。

どうやら SWIM最下位 のようです(笑)

砂浜に上がると地球の重力を思い知りました、体が重い!

ポーズをとって写真を撮ってもらっていると、審判に怒られました

『もう時間ないぞ!5分しかないぞ!はやくいきなさい!』

足きり2分前にトランジットを通過!


バイクパート!50kmのサイクリングが始まります!

得意というわけではないのですが選手をどんどんぶち抜きます!

初めてのスポーツ大会でエイドステーションが初体験でした。

初めて止まったエイドステーションには…

バナナ、ミカン、スイカ、梅干、アンパン。 飲み物はスポーツドリンクとお水。

とりあえず自転車を止めて座りながらいただきます(笑)

エイドのおばちゃんはボランティアとのことで、ちょっとお話をしながらおやつタイムです。

お腹が一杯になったところで、足きりの時間が迫ってくるので先をいそぎます。

トライアスロンでは国内でも有数の難度のバイクコースといわれるがゆえんの『大谷峠』を越える

大谷峠ではみんな自転車を押して上がってました、河内長野で言うと小深からの表金剛の登りみたいな感じです。

(バイクコース 獲得標高 766m)

バイクも無事クリア!

ランは驚きの連続でした!

1、自転車と使う筋肉が違うので大谷峠で使った脚が走りに影響しなかったこと

2、エイドでお腹一杯たべると地獄を見るということ

3、地元の方のあたたかすぎるぐらいの声援

3は特に、感動しました!地元が街を愛し、大会を愛し、おもてなしをしていただいているということをものすごく感じました!

4つ目は『大切な人と一緒にゴールできる』事!

自分は彼女と手をつないでゴールしました!

無事に完走です!

辛すぎた大会、練習、あと達成感がこみ上げてきて、不覚にも涙を流してしまいました。

IMG_2642.JPG

みんなで記念撮影!



自分を変えたトライアスロン

〜何をトライアスロンから学んだのか〜

不可能と思うことは多々ある、でもそれは自分今までの経験から決め付けている思い込みであって
挑戦してみれば可能なことだってある

不可能を可能にする挑戦、これが自分を大きく成長させた。

目標設定をして、長いスパンでの計画、短いスパンの計画を立てて愚直にやる

追いこまれる(この場合は追い込んで)とすごい力が出る

本当に強い人間は逃げない、自分を追いこめる挑戦できる人間



今ではトライアスロンに挑戦して本当によかったと思っています。

人間的に成長をもたらせてくれるトライアスロン、おすすめです!

ということで!

今年いっしょにトライアスロンに出てくれる人を募集します!

8月中ごろのトライアスロン珠洲大会に参戦したいと思います!



こんなところで…

ではでは!

2月は数日余分にお休みを頂きます。

2月11日(木祝)、21日(日)

21日に関してはMTBのイベントを行います。詳細はまた後日!

ACTWITHインターネットショップ!
http://actwith.theshop.jp/

YOUTUBE
https://www.youtube.com/watch?v=3BJYCZi1PXQ


posted by おかもっちゃん at 20:54| 大阪 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平泳ぎで参戦ってスゴイですねヽ(;▽;)ノ
祝日に開催の大会があれば是非参戦したいです!
Posted by zipp at 2016年02月27日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。