<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2020年11月09日

XROSS DX612 インプレッション!

日本で一番最初に乗る機会をいただき、店頭でたくさんの方に試乗いただきました!

_DSC5313.jpg

XROSS DX612 ¥515000+tax

SHIMANO STEPS DU-E8080 採用のフルサスペンションMTBタイプ。

http://actwith.seesaa.net/article/476065272.html
↑部品のことに関してはこちらで解説

XROSSは、ホンダの技術者が独立して立ち上げた日本のE-BIKEブランド!

情報もなく未知数です。

XROSSが考える理想的なパフォーマンス重視のE-Bike
Pure Sports & 人とBikeの一体感



_DSC5316.jpg

リアサスペンション、モーターユニット、バッテリーがぎゅっと寄せられているようなレイアウト

ジオメトリーはBESVのTRS2AMとほぼ同じ

なのに…

乗り味が違う!!

アスファルトの上でも違いはすぐに判るのですが、トレイルに行くともう全然ちがう!

一言でいえば

『乗り味がすごくニュルニュルしてる』

_DSC5326.jpg

障害物を乗り越えた時の衝撃が丸いです。 ちょっとしたものはキャンセルしてんじゃない?といった感じです。

足回りがマニトウで固められておりマニトウの特性なのでしょうか?

その辺で感度が悪いという言い方があってるのかわからないのですが、限界が分かりにくく

いけるいける!と入れ込んでいったらブレイクするポイントに入る感じがあります。

そろそろ限界か?という挙動をしないというか、いいように言うと、ペースが上がってもずっとごきげんな乗り味が変わらない

20201108_142426.jpg

↑最近はやりのマレット化ができるか試してみたら、普通に29x2.6が問題なく入りました。

これでさらに戦闘力アップが可能です。


結論を申しますと

「めっちゃいいバイクです!」

E-BIKEとかけたわけではありません!

ノーマルの状態で高い次元で遊ぶことが可能です。

どっかやり替えてどうたらこうたらで後で大きなお金がかかるなんてことはしなくてよさそうです。


例えば『リッジランナー8080』をXROSSのような乗り味にするとしましょう。

ridge_runner_8080_oyk6.jpg

同じようにフルサスMTBのE-BIKEですが、XROSSとおなじような走行性能は期待できません…

まずはリアサスペンションが圧倒的に動きが違うので交換することになります。(5〜8万円ほど)

リアの動きについていかないフロントサスペンションが気になります。(8万円ほど)

みたいになっていって、結構お金がかかっていくことになります。

それが悪いことでもなくて、カスタムを楽しめるというメリットでもあります。


_DSC5328.jpg

XROSS DX612 ¥515000+tax

いいバイクです! このセットでこの乗り味では安いぐらいです!

ACTWITHとして 「超おすすめ」 です!

posted by おかもっちゃん at 17:24| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: