<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年05月28日

E-BIKE(電動アシスト自転車スポーツタイプ)2台乗り比べ! ミヤタ『リッジランナー』ベネリ『タジェーテ』

20180526_084124.jpg

最近、何かと話題のE−BIKE(イーバイク)

E−BIKEってなに?普通の電動自転車と何が違うの?

カンタンに言うと、電動アシスト自転車スポーツタイプなのです。

電動自転車?しってるよ!ってことで

日本ではヤマハ『PAS』、ブリヂストン『アシスタ』、パナソニック『ビビ』といったママチャリ型が思い当たると思われます。

そして昨今は、バッテリーユニットやモーターユニットの技術の進歩で小型化軽量化されて

ついにスポーツシーンで楽しめる電動アシスト自転車ができたのです!

それが『E-BIKE』です!

その中でも今回はMTB(マウンテンバイク)型の2車種をインプレッションしてみました!

その前に予備知識として…

日本では電動アシスト自転車のパワーに関して法律で定められた決まりがあります。

人力と電力補助の比率は最大1対2(10km/h以下)。
10km/hから24km/hまで徐々に比率が下がり、24km/hで補助はなくなる。最大出力は規定されていない。


というものがあります。

自脚をつかわない、アクセルオン!みたいな「フル」の電動自転車や
「電動アシスト自転車」の名称で販売されていても動力性能の制限基準を満たさない「電動アシスト自転車」については
原動機付自転車または自動車扱いとなる。
これらをそのまま公道で運転すると、法律上は原動機付自転車または自動車を運転した事になり、様々な法令により処罰される事になる。

つまりは型式認定(法律に適合したと認められたもの)されたもの以外は違法ということになります。

そんな制約にがんじがらめの自転車ですが、そんな法律に適合したE−BIKEはすばらしいレジャー性を与えてくれます!

そんな魅力を紹介できればとおもいます!



ではまず!

20180528_150848.jpg

ミヤタ『RIDGE RUNNER』¥369000+Tax

ミヤタがフラグシップモデルの名前を投入した自信の1台です。

20180528_150903.jpg

モーターユニットは 
SHIMANO『STEPS』 DU-E8080 重量:2.8kg 定格250w 最大トルク701Nm

実は『STEPS』は、現行の販売されているユニットで重量が一番軽いものとなっております。

各配線はSHIMANOのDi2と同じケーブル(E-tube)で接続されており、Di2がSTEPSユニットを介してそのまま取り付けできます!

さらにはE-tubeプロジェクトでファームウェアアップデートが可能です!

20180528_150854.jpg

バッテリーがしっかりデザインと一体化しておりますね!

きになるバッテリーの性能は…

SHIMANO『STEPS』 BT-E8080 電圧36v 電流14.0Ah

2時間で80%まで充電。4時間で満充電となります。

走行距離は…

パワーモード :95km  ノーマルモード:130km  エコモード  :140km

とロングドライブ!

ちなみに、シマノのE−BIKEバッテリーのBT-E6010との互換性はありません。


20180528_150950.jpg

ハンドルセンターにサイクルコンピューター

時計や各パワーでの残走行可能距離、走行距離、平均速度、ケイデンスなど必要な情報が得られます。

左手に操作スイッチ、ドロッパーポストのレバー、サスペンションの操作レバー。

右手に変速のレバーが装備されております。

20180528_150908.jpg

ドライブ系はSHIMANO DEORE 10速 11T−42T

下記はSPEC表です。

フレーム    RIDGE-RUNNER Alloy Special edition 27.5
ホーク    SR SF18 RAIDON34 DS BOOST RCR
ヘッド小物   FPD DOZER-1280A 1-1/8&1-1/2 アルミ
ハンドルバー アルミ ブラック W=740mm
ハンドルステム アルミ ブラック L=55mm 7° D35mm
Fブレーキ    Shimano DEORE HYDRODISC w/180mm Rotor
Rブレーキ   Shimano DEORE HYDRODISC w/180mm Rotor
ギヤクランク Shimano STEPS SM-CRE80 w/CG 34T+ FC-E8000CX 170mm
チェーンデバイス Shimano STEPS SM-CDE80
リム       ALEX MD35 27.5 32H
ハブ       Shimano DEORE F/15mm E-Thru R/12mm E-Thru
スポーク    attached
タイヤ/ チューブ KENDA K1184A 27.5 2.8 F/V w/KENDA logo
チェーン    Shimano CN-E6090-10 118LINK
ロック    Battery Lock
ブレーキレバー Shimano DEORE M6000
フリーホイール Shimano CS-HG500-10 11-42T
リヤディレーラー Shimano DEORE RD-M6000 SGS 10S
サドル    Miyata Original w/Miyata logo
シートピラー Dropper Seat Post ブラック φ =31.6mm ストローク長100mm
ペダル    FPD NWL-492 アルミ ブラック
グリップ    TC-G119 ブラック 130mm TWO RED RING
シフトレバー Shimano DEORE SL-M6000R
サイクルコンピューター Shimano STEPS SC-E6010
ドライブユニット Shimano STEPS DU-E8080 250W
バッテリー    Shimano STEPS BT-E8010 36V 14Ah
付属品 ベル、リフレクター、バッテリーランプ、充電器


つぎは

20180528_150702.jpg

BENELLI 『TAGETE27.5』¥238000+tax

ベネリはイタリアのオートバイメーカーである。現在は中国の銭江グループの傘下にある。
かつてはショットガンの製造も行っていたが、現在は銃器製造部門は別会社となっている。Wikipediaより

そんなオートバイメーカーが作ったE-BIKEです。

20180528_150748.jpg

モーターユニットは
BAFANG(バーファン)モーター出力:250W 

BAFANGはヨーロッパではシェアTOPのメーカー、日本ではヤマハ、BOSCHが有名ですが、優秀なメーカーです。

20180528_150758.jpg

バッテリーは
電圧:36V リチウムイオン 電流:11Ah バッテリー質量:約2.8kg

取ってつけたようなデザインと人は言いますが、その分拡張性もあるようです。

20180526_102922.jpg

サイクルコンピューターはハンドルのセンター。

電池残量や、走行距離や速度などの情報が見れます。

表示が大きいので非常に数字が見やすいモニターとなっております。

20180528_150838.jpg

サドルがおしりに優しいものがついてるのがいいですね!(リッジのサドルは痛い!!)

20180528_150832.jpg

ブレーキはTEKTROの油圧ブレーキ、まぁ交換だな…



効くじゃねーかー!いいブレーキです!


以下SPEC表

フレームサイズ Sサイズ XSサイズ
全長×全幅 1790×590mm
サドル高 840〜1040mm 780〜910mm
適応身長 165〜185cm 155〜170cm
変速 外装10段
車両重量(バッテリーを含む) 22.0Kg
製造国 中国
電動アシスト
補助速度範囲 24km/h未満
充電走行距離 最長100km
アシストレベル 6段階
モーターユニット BAFANG
モーター形式 直流ブラシレス型
モーター出力 250W
バッテリー種類 リチウムイオン
バッテリー電圧 36V
バッテリー容量 11Ah
バッテリー質量 約2.8kg
バッテリー交換目安 700〜900回
充電時間 約7時間
充電器電源 交流100V(50Hz/60Hz)
メーター&ディスプレー LCD マルチファンクション(バックライト付)
フレーム素材      BENELLI ALUMINUM 6061
カラー         サテンブラック
フロントサスペンション   SUNTOUR SF14-XCR32-27.5 100mm
ホイール
フロントハブ      QUANDO FK68 100mm 36H
リアハブ         QUANDO RK68 135mm 36H
リム           BENELLI MD114 27.5
タイヤサイズ       MAXXIS CROSS MARKU 27.5×2.1
チューブバルブ      仏式バルブ
ドライブ
シフター         SHIMANO DEORE M610 10speed
リアディレーラー     SHIMANO DEORE
チェーンリング      BENELLI 38T
スプロケット      SHIMANO CS-HG50-10 11-36T
コンポーネント
サドル        SELLE ROYAL SETA T1(1202)
シートポスト     BENELLI ALUMINUM Φ31.6 350mm BENELLI ALUMINUM Φ31.6 260mm
ハンドルバー     BENELLI ALUMINUM Φ31.8 580mm
ステム        BENELLI 90mm BENELLI 60mm
ヘッドセット     BENELLI
ブレーキセット    TEKTRO HD-T290 油圧式 DISC (180・160mm)
ブレーキレバー     TEKTRO HD-T290
ペダル WELLGO C127
メーカー希望小売価格
(バッテリー、充電器含む)
価格 238,000円

とバイク紹介でかなりの長文となりました!

ここからは気になる走行感のお話です。

20180526_091317.jpg

オフロードのインプレッションです。


まずは初速(踏み始めの一発目)

リッジランナー:非常にマイルドにかかる、トラクションコントロールが優秀で足場が悪くても滑らない。
タジェーテ  :ガッツリフルパワー、パワーで一瞬すべることもある。でもめちゃくちゃパワフル!
総評:パワーのかかりはタジェーテが上、本来のMTBの乗り方ができる人はタジェーテがおすすめ
   リッジランナーはガチャ踏みができるのでMTB初心者にも乗りやすい。


踏み出しから時速13km

リッジランナー:ねちねち粘りながら高トルクがかかっていく、時速13kmぐらいまでなんか速い。
タジェーテ  :初速の強さからは少し弱る、リッジについていくのがなかなかしんどい。
総評:中低速域はリッジランナーに軍配が上がる。タジェーテが少し遅れを見せるシーンが多々あった。


時速13km〜リミット24kmまで

リッジランナー:トレイルの中では、体に負荷をかけて15kmほど、舗装路で23kmほど出るが、22kmちょいでアシストカット
タジェーテ  :トレイルの中では、体に負荷をかけて13kmほど、舗装路で24kmジャストでアシストが切れる。
総評:タジェーテが圧倒的、ダンシングでパワーをかけるとすごい力のアシストがかかり、24kmまであっという間に持っていくことができる。
リッジランナーはダンシングをかけてもアシストパワーが乗ってこない、22.3kmほどでカットされてそれ以上の巡航はしんどい。


乗り味
リッジランナー:ブーストのタイヤがフルサスのようなのり味を出し、絶妙なヘッドアングルが根っこや石を破壊的に超えて行きます。
        下りもその恩恵で安心です。山が楽しくなります。ポジションはフリーライドバイク。
        高次元に登って下れるバイク、タイトなコーナーもきっちり折り返す回頭性。

タジェーテ  :ハードテール独特の硬さを感じます。XCレーシングモデルのようなポジションがスポーティ。
        アシストのきいている時間がシマノより長いので、急な上りで脚をついたときも、次の脚を乗せるまでの時間が取れる。
        きついトレイルに入ったときには非常に便利だと思われる。操作は思ったほどピーキーではない。

総評:初期装備が豪華で癖の少ないリッジランナー、パワー感とスポーツ感あふれるタジェーテ。好みが別れるところですが、コストを考えると、タジェーテに同じぐらいの装備をつけてもお金が余るので…タジェーテ、いいかもしれません!

人によるのですが、お客様からよく聞くE-BIKEの考え方は

スポーツ走行(ロングライド)するにあたり、バッテリーは絶対に切らせてはいけない。

よって、パワーモードで80km なんにしても100km走ることがほぼ絶対条件になるのですが

『バッテリーなくなっても普通の自転車として漕げますよ』と某メーカーはいいます

最近新型で変速の改良したバイクが出ましたが、自走する為の装備が着いても…

お客様は、途中でバッテリーが切れるハードテールの自転車なら走行性能の高いフルサスMTBを買うのです。

まぁそうですよね。

ということで!

こちらの2車種!超おすすめです!

今週木曜日まで『タジェーテ』の試乗車がありますのでぜひ乗ってみてください!

ではでは!


posted by おかもっちゃん at 19:16| 大阪 ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。